閉じる
歴史
所有シャトー
栽培
ワイン
ギャラリー
新着情報
CÔTES DE PROVENCE
ラ・クロワ・デュ・プリウール ロゼ
AOPコート・ド・プロヴァンス

ファミーユ・スメールの本拠地、トレーツの中心地に位置する畑。中世の時代にマルセイユのサン・ヴィクトール修道院が所有していました。ローマ軍による占拠の後、ワイン造りは修道院が行っていました。
ワイン名は"修道士の十字架"を意味します。

 

??ロワール
土壌:粘土石灰質 ラ・クロワ・デュ・プリウールはシャトー・クーサンのセカンドワイン

 

??ドウ畑
品種:グルナッシュ 60%    サンソ— 20%    シラー 20% 平均樹齢:30年 収量:55 hl/ha 『フランス農水省による環境価値重視認定』(HVE=High Environmental Value)

 

??造
除梗したブドウをダイレクトプレスにかけ、ステンレスタンクで温度管理しながら発酵。

 

??イスティングコメント
非常に淡い色調のパウダリーピンクの外観。 香りはアカシアやエニシダ、スイカズラなどのフローラルな香りに、柑橘系の香りやほのかにバニラを想わせる甘い香りがある。 口当たりはフレッシュ感の中に果実のまろやかさがあり、アーモンドや野イチゴの風味が余韻まで心地よく残る。

 

??わせる料理例
寿司、スープ・ド・ポワソン、カプレーゼ(トマト、バジルとモッツアレラチーズのサラダ)、魚介のフライなどと合わせたい。
PDFを送俁
Ce site utilise des cookies. En poursuivant la navigation, vous acceptez l'utilisation de cookies.
En savoir plus. J'accepte
x